お知らせ


ここから本を購入すると、
「数学の窓」に3%程度の
カンパ資金が入ります。

お知らせ

本サイトは、若手数学研究者育成に関心のある数学者から成る任意団体「数学の窓」が運営しているサイトです。本サイトに参加するにはユーザIDが必要です。新規に加入するには、本欄上部の「ログイン画面」右下の「新規登録」のリンクへお進みください。
※本サイトのコンテンツの無断転載を固くお断りします。
「数学の窓」事務局:math@netcommons.org

カウンター

あなたは3808692人目です。

お知らせ



研究者のためのウェブサイト構築サービスは、Researchmap

日誌

■数学関連イベント情報
 123|
作成日2012/12/07タイトル2013年新春特別講義「方程式の世界」from:上野健爾|一般向け

四日市大学関孝和数学研究所、 東京大学素粒子物理研究センター、日本数学協会の共催で
「高校生と社会人のための現代数学・物理学入門講座」新春特別講義「方程式の世界」を下記のように開催しますのでご案内します。


日時 2013年1月12日(土)  〜13日(日)

場所 東京大学東京大学小柴ホール
(http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_25_j.html)

プログラム

1月12日(土) 13:45〜15:00
講師:上野健爾(四日市大学関孝和研究所)

「方程式の豊かな世界」
15:15〜16:45
講師:桂 利行(法政大学理工学部経営システム工学科)
「n次方程式を解いてみよう」

1月13日(日) 10:00〜11:30
講師:徳永浩雄(首都大学東京 大学院理工学研究科)
「多項式の割り算と高次連立方程式」
13:00〜14:30
講師:清水勇二(国際基督教大学教養学部)
「微分方程式の豊かな世界から」
14:45〜16:15
講師:小林富雄(東京大学素粒子物理国際研究センター)
「素粒子物理と方程式 −光、電子からヒッグス粒子まで−」

受講料:学生(含む大学生)無料  社会人1000円
参加資格:どなたでも参加できます(部分参加も可)。講義では微積分の初歩の知識を仮定します。
募集人員:約150名(先着順)
応募方法:往復はがきに住所、氏名、学校名(学生の場合は学年も)または勤務先および電話番号明記の上、返信はがきに自分のあて先を書いて下記までお送りください。12月25日までに必着のこと。(先着順受付、一部のホームページで12月20日必着になっていますが25日に変更になりました。)

 〒160‐0022 東京都新宿区新宿2−3−16ライオンズマンション御苑前504号 
          四日市大学関孝和数学研究所東京分室 新春特別講義係

問合わせ先:四日市大学関孝和数学研究所東京分室 TEL&Fax 03-5925-8347
(宿泊の世話はできかねますのでご了承ください)
作成日2011/12/07タイトル2012年新春特別講義from:上野健爾
下記の要領で2012年新春特別講義を開催します。昨年と会場が変わっていますのでご注意下さい。また、参加条件も変更になり、今年から部分参加も可能です。また、参加費は学生は無料、社会人は資料代1000円をお願いすることになりました。

                         

高校生と社会人のための現代数学・物理学入門講座
                            新春特別講義

四日市大学関孝和数学研究所、東京大学理学研究科素粒子物理国際センターと日本数学協会の共催により新春特別講義「シンメトリー」を以下の要領で開催しますのでご案内します。

プログラム

1月7日(土) 13:30〜15:00
講師:上野健爾(四日市大学関孝和研究所)
「シンメトリーとは何か」
15:15〜16:45
講師:桂 利行(法政大学理工学部経営システム工学科)
「代数学とシンメトリー」

1月8日(日) 10:00〜11:30
講師:徳永浩雄(首都大学東京 大学院理工学研究科)
「幾何学におけるシンメトリー」
13:00〜14:30
講師:清水勇二(国際基督教大学教養学部)
「物理法則におけるシンメトリー」
14:45〜16:15
講師:小林富雄(東京大学素粒子物理国際研究センター)
「素粒子とシンメトリー」

会場
東京大学小柴ホール(本郷キャンパス理学部1号館)

受講料   学生(含大学生)無料、 社会人1000円(含資料代)

参加資格 どなたでも参加できます。部分参加も可。 (宿泊の世話は出来かねますのでご了承下さい。)

募集人員  約150名

応募方法  往復はがきに住所、 氏名、 学校名 (学生の場合は学年も記してく ださい) または勤務先、 および電話番号を明記の上、 返信用はがきに応募者の 宛先を書いて

〒160-0022 東京都新宿区新宿 2-3-16  ライオンズマンション504
               関孝和数学研究所東京分室 新春特別講義係

に 12 月 15 日までに必着のこと。 受講者は原則として先着順に受け付けます。
返信用はがきは受講票になります。

問合せ先  Tel&Fax 03-5925-8347
     

作成日2010/01/23タイトル数学史シンポジュームfrom:上野健爾
関孝和数学研究所の招きで Leibniz研究の第一人者であるBerlin 工科大学のE. Knobloch氏が来日されます。関孝和数学研究所では Knoblochさんを囲んでシンポジュームを開催しますでのご案内します。シンポジュームにはどなたでも参加できます。

数学史シンポジューム
「関・建部・Leibnizと同時代の東西の数学者」

シンポジュームでは関孝和・建部賢弘とLeibniz, Berunoulliや同時代の東西の数学者の数学を比較検討したいと考えています。できるだけディスカッションの時間を取りたいと考えています。
31日は非専門家向けの講演です。

日時 1月29日〜31日
場所 京都大学理学部3号館 110号室

プログラム
1月 29日
14:00 -- 15:00
E. Knobloch Leibniz's rigorous foundation of infinitesimal geometry

15:30 -- 16:00
但馬 亨 Introduction of tangent and inverse tangent problems to the early infinitesimal analysis

16:30 -- 17:30
未定

1月 30日
9:30 -- 10:30
小川 束 The Seki-Bernoulli numbers by Seki Takakazu

11:00--12:00
森本 光生 Mathematics of Takebe Katahiro

13:30 -- 14:30
松本 堯生 On the methods to get  resultant in Wasan

15:00 -- 16:00
長田 直樹 Iterative methods for solving equations in Japan and in Europe from 1600 to 1740

16:30 -- 17:30
ディスカッション

1月 31日
10:00 -- 11:00
小林 龍彦 「新しい関孝和全集について」

11:15 -- 12:15
E. Knobloch On the emergence of non-Euclidean geometries

作成日2010/01/17タイトル2010年1月27日 数学史講演会from:上野健爾
関孝和数学研究所、国際基督教大学理学研究科、国際基督教大学キリスト教と文化研究所の共催で以下の通り講演会「科学史フォーラム」が行われますのでお知らせします。どなたも無料で出席できます。

日時 2010年1月27日(水)

場所 国際基督教大学 理学館332号室

プログラム 
15:10 -- 16:10 E. Knobloch氏 (Berlin 工科大学)
Leibniz' studies on elimination and determinant theory

16:30 -- 17:30 小松 彦三郎氏(東京大学名誉教授)
 関孝和の行列式論

国際基督教大学へのアクセスは
http://www.icu.ac.jp/access/index.html

キャンパスマップは
http://www.icu.ac.jp/info/facilities.html

を参照して下さい。
作成日2010/01/04タイトル「数学吉田塾シニア@けいはんな」のご案内from:田中紀子|学部生向け
2010年4月に大学院へ入学予定の学生対象
「数学吉田塾シニア@けいはんな」のご案内

GCOEプログラム(京都大学)の一環として、2010年4月から大学院修士課程に入学される学生の方々と、チューターとして参加を希望する大学院生の方々を対象に、下記の要領で「数学吉田塾シニア@けいはんな」を行います。この「数学吉田塾シニア@けいはんな」は、講演とセミナーを通して修士・博士課程の大学院生をはじめとする若手数学者との交流をはかり、大学院で有意義な数学の勉学・研究を始めることができるように支援するものです。参加者は、下記のセミナーのいずれかに参加する必要があります。専門外のセミナーへの参加を歓迎します。旅費・滞在費の支給も予定しています。

京都大学 理学研究科数学教室
連絡先tel: 075-753-3707
「数学吉田塾シニア@けいはんな」係

            記
日時:2010年2月19日(金)12時30分〜 2月22日(月)12:00過ぎ解散
場所:関西学研都市 けいはんなプラザ http://www.keihanna-plaza.co.jp/


作成日2009/12/06タイトル新春特別講義2010年1月9日、10日のポスターfrom:上野健爾

新春特別講義のポスターは「ダウンロード」の「ポスター」からダウンドーロできます。
作成日2009/12/06タイトル新春特別講義2010年1月9日、10日URLfrom:上野健爾

 高校生と社会人のための現代数学入門講座

新春特別講義

「ガロアの夢をめぐって」

 

日本数学協会、四日市大学関孝和数学研究所、首都大学東京 都市教養学部理工系数理科学コースの共催により以下の要領で新春特別講義を開催しますのでご案内します。


日時 201019日・10

    首都大学東京 南大沢キャンパス(11号館2F204号室)

        八王子市南大沢1-1 京王相模原線 南大沢下車 


プログラム

 19日(土) 

   13:15 -- 15:15「ガロアの夢」

      講師 上野 健爾(四日市大学 関孝和数学研究所)

   15:45 -- 17:45「ガロア体と符号−携帯電話はなぜ聞こえる−」

      講師 桂 利行(法政大学理工学部経営システム工学科)

110日(日) 

  1000--1200「ガロア理論をめぐって I

      講師 徳永 浩雄(首都大学 都市教養学部理工系数理科学 コース )

   1400--1600「ガロア理論をめぐって II

       講師 清水 勇二(国際基督教大学 教養学部)

受講料   無料

参加資格  総ての講義に出席可能な者。(宿泊の世話は出来かねますのでご了承下さい。)

募集人員  約150名

 

応募方法  往復はがきに住所、氏名、学校名(学生の場合は学年も記してください)または勤務先、および電話番号を明記の上、返信用はがきに応募者の 宛先を書いて


338-8570 埼玉県さいたま市桜区下大久保255
 埼玉大学総合研究機構棟520号室

  日本数学協会事務局 新春特別講義係

 

1225日までに必着のこと。受講者は原則として先着順に受け付けます。返信用はがきは受講票になります。

 

問合せ先 (問い合わせはFaxでお願いします)

 受講に関すること 日本数学協会事務局  「新春特別講義係」 Fax  048-851-2134

 会場その他にに関すること 首都大学東京都市教養学部理工系数理科学コース内

              徳永 浩雄  Fax 042-677-2481


首都大学東京

アクセス http://www.tmu.ac.jp/access.html

キャンパスマップ http://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide.html

作成日2009/02/20タイトル上野健爾先生の退職記念講演と感謝の集いのご案内
メールURLアップロードファイル
from:新井紀子

上野健爾先生の退職記念講演と感謝の集いのご案内

拝啓
 時下、益々ご清祥のことと存じます。
 さて、皆様もご存知のとおり、上野健爾先生は、今年、退職の年齢を迎えられ、2009年3月末日をもって、京都大学を退職されます。
 つきましては、多年にわたり、大学での研究・教育、社会貢献に尽力された先生のご活躍とご功績に深甚の感謝を込めて、退職記念講演と感謝の集いを、東京で、下記のとおりに企画いたしました。趣旨にご賛同の上、多くの方々にご参加いただきたく、ここにご案内申し上げます。
敬具
                          2009年2月4日立春
               発起人代表     東京大学  岡本和夫
                     国立情報学研究所  新井紀子
                           編集者  亀井哲治郎
                      多摩第二小学校  有田八州穂


作成日2009/02/16タイトル第2回数学史連続講義from:田中紀子|数学史
数学史連続講義
2009年3月6日(金)〜10日(火)

 京都大学理学研究科数学教室には和算書の貴重書のみならず、
Bernoulli, Euler, Napier, Newton, Gallileo の著作や Euclid, Diophantos や
Apolloniosのラテン語訳など数学の発展に寄与した多くの貴重図書があります。
これらの貴重書を参考にしながら、現代数学の源流を探る数学史の連続講義を
GCEOプログラムの一環として以下のように行いますのでご案内します。

       連絡先 上野研究室(075-753-3737)
作成日2008/11/28タイトル高校生と社会人のための現代数学入門講座 --新春
特別講義
from:田中紀子
お知らせ:以下の新春特別講義は定員に達したため、募集を終了いたしました。
     たくさんのご応募、ありがとうございました。

以下の要領で新春特別講義を開催しますのでご案内します。
今回をもって京都大学理学研究科における特別講義を終了します。

日時 2009年1月10日・11日
 京都大学理学研究科共同大講義室(理学研究科6号館4階401号室)
プログラム
   1月10日(土)
   9:30 -- 12:30「正多面体とガロア理論」
         講師 加藤 文元 (京都大学 理学研究科)
       14:00 -- 17:00「三角函数から楕円函数へ」
          (郵送のご案内では「5次方程式と正20面体」とお知らせ
           しましたが、間違いで、「三角函数から楕円函数へ」が
           正しいタイトルです。)
         講師 上野 健爾 (京都大学 理学研究科)
  1月11日(日)
      9:30--12:30「非ユークリッド幾何学の世界」
         講師 加藤 毅 (京都大学 理学研究科)
      14:00--17:00「《計算》から見た数学」
         講師 照井 一成 (京都大学 数理解析研究所)
 123|
イベント情報について
移動機能

イベント情報について

「数学の窓」では、登録ユーザから寄せられたイベント情報を適宜掲載しています。掲載されるイベント等について「数学の窓」では関知しておりません。
イベント等に参加される方は、掲載情報の連絡先および情報記入者に直接お問い合わせください。

イベント情報を記入する方は、主催者・連絡先などを明記するようお願いします。
情報が長文になるときには「続きを書く」機能を使って、適当なところで折りたたんでください。